簡単入力マクロ付き数量計算書ver1.12

【工事工種体系の入力】

工事工種体系ツリーを利用するには、まず工事区分を選択しなければなりません。本マクロは任意のセルに工事区分(レベル1)を入力する事により、以降その体系ツリーがボックスに反映されます。

工事区分(レベル1)の設定

  • セルC10をアクティブにして工事区分(レベル1)ボタンをクリックします。工事区分(レベル1)ボタンをクリック
  • リストボックスが表示されますので[道路改良]を選択してOKボタンをクリックします。[道路改良]を選択してOK
  • セルC10に”道路改良”が入力され、以降、道路改良の体系ツリーがボックス内に表示されます。単に工事区分の設定だけを目的とするならば、入力した工事区分は消去しても問題ありません。欄外の余白等への空打ちでも良いと思います。"道路改良"が入力され

工種(レベル2)、種別(レベル3)、細別(レベル4)の入力

  • レベル2から4の入力方法は全く同じです。セルF14をアクティブにして細別(レベル4)ボタンをクリックします。細別(レベル4)ボタンをクリック
  • リストボックスが表示されますのでボックス内が道路改良のツリーになっている事を確認し、[掘削(硬岩)]を選択してOKボタンをクリックします。[掘削(硬岩)]を選択してOK
  • セルF14に”掘削(硬岩)”が入力されます。"掘削(硬岩)"が入力されます

構造物撤去工、仮設工の入力

(工事区分のツリー ⇒ 構造物撤去工、仮設工のツリー

  • 構造物撤去工、仮設工の入力方法は全く同じです。セルD15をアクティブにして、工種(レベル2)、種別(レベル3)、細別(レベル4)のいずれかのボタンをクリックします。リストボックスが起動したら、構造物撤去工ボタンをクリックします。構造物撤去工ボタンをクリック
  • ボックス内が構造物撤去工のツリーになっている事を確認し、[構造物撤去工]を選択してOKボタンをクリックします。[構造物撤去工]を選択してOK
  • セルD15に”構造物撤去工”が入力されます。"構造物撤去工"が入力されます

構造物撤去工、仮設工のツリー ⇒ 工事区分のツリー)

  • リストボックスの[元に戻す]ボタンをクリックすると、直前に入力していた工事区分のツリーに変わります。[元に戻す]ボタンをクリック
  • ボックス内が道路改良のツリーになっている事を確認してください。道路改良のツリーになっている事を確認

数量計算ソフト